現在日本で広く知られている形の箏は、奈良時代に唐より伝わったといわれており、それを楽器として大成させたのは、江戸時代初期に活躍した八橋検校です。

箏の流派には種々ありますが、おおまかには生田流系と山田流系に分類できるようです。

生田流は八橋検校の孫弟子にあたる生田検校を始祖とする流派であり、角爪を用い、楽器に対して左斜めに構えます。

山田流は同じく江戸時代の作曲家である山田検校を始祖とする流派であり、丸爪を用い、楽器に正対します。

本来は箏の形(長さ、膨らみ、装飾など)についても生田流と山田流では異なるようですが、現在販売されている箏は一部を除きほとんど違いがないようです。

当店取り扱いの箏における山田流と生田流の違いは、爪の形と糸の締め方です。

6尺普通箏
6尺普通箏
ペグ箏
ペグ箏
ピン箏
ピン箏
KPNYB
文明箏

○六尺普通箏:普通サイズのお箏です

○ペグ箏:糸の交換や調律が簡単にできるお箏です

○ピン箏:糸の交換や調律が簡単にできるお箏です

○文明箏:普通のお箏の約半分の長さのお箏です

お問い合わせ

TEL: 0795-22-2322

FAX: 0795-23-4437

営業時間

9:30 -19:00 (月-日)